熱回収についての雑学

日本のみならず世界中で、環境を大切にして今ある環境を守ろうという流れがありますが、熱回収はそのための行動です。

これは、ゴミを燃やした際に発生する熱エネルギーを回収し利用することで、環境保全のために大きな意義があり、自然豊かな環境を未来に残すことができます。日本は世界の中でも物が多く溢れており大変恵まれていますが、物を使用した後これらはゴミになってしまいます。

熱回収についての情報ならこのサイトです。

現在は、ゴミを捨てるのは勿体なく地球の環境にも悪いので日本において、循環型社会形成推進基本法でリデュース・リユース・マテリアルリサイクル・ケミカルリサイクル・熱回収・廃棄物としての適正処理という順番で不要な物を処分するとしています。



こういった中で一定のゴミは熱回収が行われます。
回収された熱は例えば施設の中の暖房に使われたり、その熱を利用して温水プールに使用したりしています。


これにより限られた資源である原油の消費を抑えることに繋がり、間接的に原油価格の上昇を抑えているので、そういった意味において、日常生活でも大きな経済的恩恵を受けています。日本の土地は限られており、また、ゴミの処分は出来るだけ自国で行った方が好ましいですが、埋め立ての場合は限られた日本の土地をゴミ処分のために使用するので勿体ないといえますが、熱回収によりその様なことをできるだけ少なくできます。

従って、熱回収は地球環境保全に大きく貢献しており我々が求める循環型社会の形成に大きく役立っています。