小型化・高効率化が進む熱交換器

熱交換器、温度の高い物体から温度の低い物体に熱を移動させる機器です。


液体や気体などを利用して効率的に熱エネルギーを変換し、加熱や冷却に使われています。

最近の熱交換器のサイトが登場しました。

熱交換器はいくつかの種類があります。
プレート式は、電熱板となる金属を凹凸にプレスして張り合わせて交互に温度差のある流体を流す回路を設けて熱交換を行う方式です。

シェル&チューブ式は、筒の中に複数の電熱チューブを入れてその内外を温度差のある流体を流すことで変換します。フィンチューブ式は、伝熱管に電熱板を取り付けて伝熱面積を増やし、伝熱管内には液媒体を流して伝熱管の外と電熱板にガスを当てて熱を変換する方式で、エアコンなどに使われています。


一般的な用途としては、エアコンの室内機、冷蔵庫、車のラジエターなどがあり、産業用としては、ボイラーや食品や工場の空調、化学薬品の製造工程の冷却、加熱、冷蔵などがあります。


熱交換器課題は耐久性や効率性などがありました。



より大きな機能を求めると大型化し、熱膨張による金属の歪みなどが起こりやすいものでした。現在は、円管ではなく、管の表面に凹凸をつけて表面積を広くした多葉管や円管の中に多葉管を挿入した形状の高効率のチューブが広がっています。



円管の約1.8倍の表面積が得られ、サイズが約2分の1に縮小されました。円管への多葉管の挿入も冷間引き抜き工法で圧入されるため、多葉管の両端部分の加工が不要となり、低コスト化も実現しています。


材質もリサイクル可能なステンレスが使用されるようになり、耐久性の向上と環境改善にも有益です。