安全で機材を長持ちさせるデスケーラー

デスケーラーは、ボイラーなどの機材に付着するスケーラーを除去する洗浄液です。
スケーラーは、熱交換機やボイラーなどの機材の使用により発生する水蒸気中に含まれる溶解しない成分が濃縮されて蓄積したものです。

デスケーラーについての意見を伺いました。

機材の電熱面などに付着すると、機械効率の低下や機材の破損を引き起こします。



このスケーラーを強力な酸の力により除去するのがデスケーラーです。

デスケーラーは、様々な添加物の開発により短時間で洗浄ができ、環境にも配慮され、費用面の削減効果も大きくなっています。



金属面の腐食が少なく表面を傷めませんので、機材の寿命を長くしています。


従来の化学洗浄では、機材内部のステンレス面の被膜を剥離させるため、金属表面のトリートメント剤を使用した被膜の再生処理が必要でした。
しかし、腐食の低減は処理液も不要となり、水で十分にフラッシングするだけで完了します。

デスケーラーの用途としては、熱交換機や射出成型機の洗浄、船体の貝殻除去、コンクリートミキサー車の回転シャフトのコンクリート除去など多方面にわたります。

デスケーラーの安全性の高さも用途の拡大につながっています。
強力な塩酸でありながら素手で触れることができます。


実際の施工時には保護具を着用しますが、万が一皮膚に付着しても水洗いで落とすことができる安全性の高いものです。
認証が難しいとされるアメリカ海軍やイギリス海軍でも認証され、日本の海上自衛隊や大手の企業でも正式に採用されています。